朱の訪問者



GWもあと明日1日を残すという頃。
今日は弓道部の練習もなく、佑介もゆっくりと過ごそうと思っていた。
ところが、思わぬ「お客」の相手をするはめに…。

「……で? 杏珠ちゃんをほっぽって、なんでここにいるんだよ、朱夏;」
―――いいじゃない、暇なんだもの♪
朱夏…佑介が呪力で呼び出し、杏珠に守護神として与えた朱雀の化身。普段はカナリア似の赤い小鳥の姿をしている。彼女の名「朱夏」は、杏珠がつけたものだ。
今、朱夏は佑介の肩に乗っている。
「暇って……;; おまえな、杏珠ちゃんの守護神だろ。ちゃんとそばにいなきゃダメじゃないか」
溜め息を吐きつつ、あきれ顔で佑介が言う。彼の膝の上にいる白猫=白虎の化身であるハクも、苦笑混じりに二人のやりとりを聞いていた。
―――ご心配なく。あそこは本当に平和そのものよ。守護神というより「友達」みたいなものだわ。…それに、あたしを表に呼び出してくれたのは佑介なんだし(^^)
「だからってなあ〜〜…」
―――……あのねえ。言っとくけど、杏珠のことは本当にとっても大事よ。でもね、あたしは佑介のこともすごく心配なの!
「……!?」
朱夏の思わぬ言葉に驚く佑介。朱夏は佑介の肩から降りて、彼の前に立ってキッと佑介の顔を見た。

―――最近、あんなとんでもないヤツに命を狙われてるでしょ! しかも一度死にかけてるし!
羽をばたばたとさせてまくし立てる。
朱夏が言う「あんなとんでもないヤツ」とは、佑介の呪力をものにしようとつけ狙う、蘆屋道満のことである。
実際、佑介は何度も道満の霊と対峙していた。確かに夢の中にまで入り込まれ、命を落としかけたことがある。
「……なんで朱夏が、そのこと知ってるんだ?」
―――ハクが教えてくれたわ。半分は「白状」させたの
最初は「白虎」とハクのことを呼んでいたが、いつしか名前で呼ぶようになった。ハクも朱夏のことは名前で呼んでいる。
「……ハク〜〜…?」
佑介がジト目で膝の上のハクを睨む。
「…申し訳ありません; ですが、朱夏の気持ちも考えると…」
朱夏にとって佑介は自分を呼び出し、杏珠という、優しく安らかな「居場所」を与えてくれた者だ。その彼を心配するのは当たり前のこと。ハクにもその気持ちはよくわかる。
「……ったく。しょうがないな」
苦笑しながら、佑介は再び溜め息を吐いた。

「大丈夫だよ、朱夏。俺だって伊達にあいつとやりあってないさ」
―――でも…
「ホントに大丈夫だって。ハクもいてくれるし」
「佑介さまのことは私が護っているから、安心して杏珠どのの所に戻れ。朱夏」
ハクも安心させるように笑って言う。
―――白猫の姿で言われても、説得力ないんだけどな
「…ぷふっ(^^;)」
思わず、佑介が吹き出してしまう。
「あは…はははっ; 確かにそれ言えてるかも(^^;)」
「佑介さま; そんなに笑うことはないでしょう;;」
「…っ、ごめんごめん(笑)。頼りにしてますよ、白虎どの(^^)」
「……本気で言ってるよーに思えませんが?(−−;)」

そんな佑介とハクのやりとりを見ていて少しホッとしたのか、朱夏は。
―――その様子なら大丈夫そうね。…でも佑介。あたし、時々はこっちにも来るから。何かあったら絶対知らせてよ?
「…なるべく、そうならないようにしたいけどね。本当に危ないときは…その時は頼む」

―――頼む。

ハクも朱夏も、佑介のその言葉に目を見張った。今まで、誰かに頼るということをしなかった佑介。その彼が初めて「頼む」と言ったのだ。
―――当然でしょ! すぐに飛んでくるから♪
朱夏は嬉しそうに、再び佑介の肩に飛んできた。
「ああ…サンキュ」
佑介もくすぐったそうに目を細めて笑う。

―――さーて、珍しいものも見せてもらったし、あたし帰るわね(^o^)
人間で言うなら「にこにこ」という表現がピッタリであろう仕種で、朱夏は佑介の部屋の窓際に一度止まった。
「珍しいもの? なんだそりゃ」
―――おっしえなーい♪
「あっこら、朱夏!」
悪戯っ子のように笑みを含んだ声で言うと、朱夏は窓から飛び立っていった。

********************************************

またまた、突如降ってきたコラボSS…ですよね、はるうさぎさん(笑)
元は、オリキャラブログ「佑遊草子」にアップしたものです。
ここに出てきた朱夏ちゃんとは、はるうさぎさんちのSDであり「オリキャラ」でもある杏珠ちゃんの
守護神である「朱雀」です。…実は、半分は私が生んだキャラでもありまして、話せば長くなりますが
文中にもありますように、佑介が杏珠ちゃんに与えたのですね。
その後、すっかりはるうさぎさんの「オリキャラ」としてキャラも確立してしまいました(笑)。
まさにこれも「キャラが勝手に独り立ちする」…ということなんでしょうか(笑)

今回は、はるうさぎさんちでアップされていた「朱の絆」のCGに偶発されて書いたような
ものです。あのCGを拝見したらストン、とこのネタが落ちてきたと。
おそらく、朱夏ちゃんは杏珠ちゃんのことが一番大事だけど、自分を表に呼び出し
「居場所」を作ってくれた佑介のことも気がかりではないのかな、と思ったのですね。
そういうことで、こちらでは「星紋」上での設定ということにさせていただきました。本編では
登場するかどうかわかりませんが…(^_^;)。やはりオリキャラブログのみでしょうね。

はるうさぎさんのサイトはこちらです 「星宿海 渡時船」


戻る