第2話 動き出した物語

『飛翔Ⅱ』の通路を歩いていた私立探偵の飛鷹光一郎は、ある方角からの会話に気づく。

「…そんなこと言っていいのかよ。バレたらあんたも俺も終わりだぜ」
「うっさいわね。誰のおかげで、この映画に抜擢されたと思ってるのよ」
声がするほうを見れば、そこには揉めているらしい男女の姿。

その姿に、光一郎は見覚えがあった。
先ほどのパーティでも見かけた、女優の小木谷弓(おぎや・ゆみ)と俳優の馬場秀一(ばば・しゅういち)である。
弓は髪が長く少々派手な印象で、好き嫌いのはっきりした性格である。
一方の馬場は、若手では実力者と言われているが、性格に少々問題があるらしい。
これらは光一郎自身が調べたこと。
そして彼には、一度見た相手の顔を忘れないという性質があった。

「いずれにしても、あの3年前の件のことは口外無用で…」
(…3年前…?)
馬場の言葉に訝しんでると、ふたりは光一郎の存在に気づき、そそくさと別々の方角へと立ち去って行った。

いささか、鋭い視線でふたりを見ていると。
「あっ、いた! すみませーん!」
聞こえてきた声に振り向けば、ふわふわとした髪型の少年が自分に向かって駆けてくる。
「…あれ? 君はさっきの…」
そう、駆け寄ってきたのは先ほど通路でぶつかった少年――北詰拓だった。
「よかった~。…あのこれ、さっき俺がぶつかったせいで落とされたでしょう?」
拓は黒革の手帳を差し出した。
それに僅かに目を見開いて、光一郎も上着の内ポケットを探って。
「…ほんとだ。ありがとう、助かったよ」
ちょっとばつの悪そうな笑みを浮かべて、それを受け取る。
「本当に、すみませんでした」
ぱらぱらと中身を確認して手帳をしまう光一郎に、ぺこっと頭を下げる拓。
「もう気にしなくてもいいよ」
光一郎はにこっと微笑んで言う。
「あの…」
意を決して。
「失礼ですけど…。私立探偵の飛鷹光一郎さん、ですよね?」
「…そうだが?」
訝しむような光一郎とは対照的に、ぱあっと明るい表情になる拓。
「俺、北詰拓といいます! 飛鷹さんのことはいつも新聞で見てて、いつかお会いしたいと思って…」
「…北詰拓…?」
小さく呟いた光一郎も、はっとした表情になり。
「…もしかして君、高校生探偵の北詰拓くんかい?」
「は…」

「こらあ拓! そんなとこでなにやってんだ」

「はい」と答えようとした拓の耳に、兄の仁の声が入った。
「兄貴」
足早に歩み寄ってくる長身の姿に目をぱちくりとさせる。
「探したぞ、あんまりうろちょろすんな…って」
言いながら、拓の隣にいる光一郎に気づき。
「あ、すみません。うちの弟が失礼なことをしましたか?」
少々焦った口調になる。
「いえ」
光一郎はふっと微笑んで、
「弟さんですか。彼が私の落とした手帳を拾ってくれていたんですよ」
安心させるように更に目を細める。
「あ、そうでしたか」
あからさまにほっとした表情で、手を頭にやり笑っている仁を、拓はじと目で見ている。
そんなふたりを微笑ましげに見ていた光一郎は。
「こんなところでなんですから、どこかに入りませんか?」
そう言って、船内にあるカフェ「ザ・ビストロ」に促した。

それぞれ注文し、3人は向き合い。
「弟さんとは自己紹介済みですが…、飛鷹光一郎といいます」
仁に会釈する。
「北詰仁です。…あの、飛鷹さんってもしかして…」
「そうだよ兄貴。あの名探偵の飛鷹光一郎さんだよ!」
嬉々とした声の拓に。
「そんなことないよ」
光一郎は照れくさそうに笑う。

「そうでしたか。…でも、拓からいつも話を聞いていましたが」
「俺も会いたいと思ってはいたけど…」
「……?」
まじまじと自分を見る北詰兄弟に、光一郎は目を瞬かせる。

「こんなに若くて、すごい男前とは思ってませんでした…」

拓が少し顔を赤らめて俯いて言う。
光一郎は一瞬、きょとんとした表情になるが。
「…ぷっ」
思わず吹き出してしまった。
「…あ、あはは…。す、すみません」
今度は北詰兄弟が目をぱちくりさせていると、まだ笑いが残る表情で、
「そうですよね。普通探偵と聞くと、いい年のおじさんのイメージですし」
笑いを収めるかのようにコーヒーを一口飲み、
「私はまだまだ、未熟な探偵ですよ」
ふっと目を細めて微笑む。
「でも! 俺は飛鷹さんは本当にすごいと思う!」
握り拳を作り、ファイティングポーズになる弟を仁は半ば呆れ顔で見ていた。

実際、拓からは耳にタコができるほど光一郎の話は聞かされていた。
「憧れだ」だの「理想の探偵だ」だの、言い出したらきりがない。
仁が拓の「犯人当て」に対していい顔をしないのは、子供だからとか危険だからという理由もある。
だが、本当の理由は――

そのことを考えていたのもあってか。
「…あの、飛鷹さん。ここにいらっしゃるということは、何かあった、とか…」
慎重な口ぶりで尋ねる仁だ。
「…いえ、たいしたことではないですよ」
仁が刑事だということは光一郎も知っている。
おそらく今回は休暇で兄弟でここに来ているのだろう…と察し、余計な気を遣わせたくなかった。
「何かあったら、俺手伝いますからね」
「こら、拓!」
「はは、ありがとう。…でも大丈夫だから」
光一郎は拓の申し出に苦笑気味になる。
「でも本当に、こんなところで事件なんかあったらたまらないですけどね」

ここに、ふたりの「探偵」が出会ったのは偶然か、必然なのか。
ふと呟いた仁の言葉が現実になってしまうのは、もう少し後のこと――
前ページへ    「D.D」トップへ   次ページへ